1. エスキモーの狩人が宣教師に尋ねた。「もし神のことを知らないで、罪を犯したら、地獄に行くことになるのかな?」
    「いいえ」と、神父。「知らないのなら、地獄には行きません。」
    エスキモーはまじめな顔でさらに尋ねた。「それじゃあ、どうして教えようとするんです?」


     


  2. 2014-09-02 03:00:04 JST

     


  3. 「東京に大地震がくることは誰もが知っている。しかしだからといって他に住むこともできないから、誰も何もしない。」


     


  4. 54 :名無しさん@十一周年:2010/10/24(日) 23:22:35 ID:Dx6NurOn0
    中国・韓国・北朝鮮が大嫌いな奥様 6
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1287233369/670

    670 :可愛い奥様:2010/10/22(金) 19:55:44 ID:cTTejQa+0 
    9月からロシアで暮らしているものです。
    今週号のロシアの新聞「アルグメント イ ファクト」(論拠と事実)に面白い記事が
    載ってたので、拙い訳ですけど紹介しますね。
    もし、スレ違いなら指摘してください。

    『南京でのジェノサイドは共産国家陣営による作り物だった!!』
    ソ連邦崩壊後、様々なソ連時代の公文書が日の目を見ていることは読者の皆さんも
    良くご存知であろう。さて先日、ウラジオストークで開催された極東地区歴史学会で
    「南京ジェノサイド」に関する面白い公文書が紹介された。
    (中略)
    「南京ジェノサイド」の証拠として中国が挙げている写真の一部が、ウラジオストーク市
    近郊の都市トルストゥイ・フイにあった「ソ連人民芸術局極東撮影所」で撮影されたことを
    示す公文書が発見された。この公文書を発見したのは、ロシア科学アカデミー
    極東戦史研究所のアーラヤ・ピズダ氏である。ピズダ氏の発見した文書によれば、
    「南京ジェノサイド」の証拠として中国政府が公表している写真の一部は
    上記の撮影所で撮影されたもので、ブリヤード人やシベリアのマイノリティー
    など日本人そっくりの人を日本兵役で出演させ、「中国人にひどいことをする
    日本人」という構図の写真を撮ったそうである。この研究所の副所長で
    日本海の向こう岸にある町新潟の大学で教鞭をとったこともある親日家の
    イヴァン・ドラチョク氏は「冷戦時代は西側陣営に失点を与えるために
    こういうおかしな協力もソ中間で行われていたようだ。しかし、今は
    そんな時代ではないし中国に協力する謂れもない。また、これに関心のある
    日本の歴史家の皆さんを是非お助けしたいと思う」と語った。

    このあとに詳細が載っていますが、全部訳す元気ないのでごめんなさい。
    それと(中略)のところには、いわゆる「南京虐殺」についての中国側の公式
    見解が書かれてますが、皆さんご存知でしょうから略しました。



     


  5. 2014-09-02 02:00:04 JST

     


  6. 電子書籍に限らず、日本で新しいプラットフォームを作るときに、とかく陥りがちな3つの特徴があります。「異常なほど多機能で使いづらい」「著作権管理に過剰に気をつかいすぎて使い勝手が極端に悪い」「インターフェイスが不親切で、操作が難しい」……。